生活の工夫

3月 25th, 2014

なにかとお金のかかる一人暮らし。
いかに工夫して節約できるかが大切です。
自炊を行うことでもかなりの節約になりますが、その他にも節約できるところは沢山あります。
例えば、アンペア数
人それぞれですが、一人暮らしならそこまで電力を使わないという人も多いのではないでしょうか?
電力の消費が少ないのなら、アンペア数を変更しましょう。
契約のアンペア数を減らすことで電気の基本料金が安くなります。
アンペア数の変更は無料で行うことができるのでお勧めです。
月々数百円程度の違いですが、電気料金は毎月の出費です。
1年で考えると数千円節約できることになります。
使用電力が契約アンペア数を超えるとブレーカーが落ち停電のような状態になりますので、少し余裕を持って設定しておくと良いでしょう。
自宅に置く家電製品がどの程度の電力を使用しているか知っておくことも大切です。
電子レンジやドライヤーは使用時間は短いですが電力消費が大きいです。
アンペア数によっては一度にまとめて使用するとブレーカーが落ちてしまうことがあるので注意しましょう。
長時間使用することの多いエアコンですが、一番電力消費が大きくなるのは稼働を始めた時です。
こまめに切ったり点けたりするよりも控えめの設定でつけたままの方がかからないこともあります。
あとは、待機電力です。
家電はコンセントがつながっていると電源を切っていても微量の電力を消費しています。
使用時以外にコンセントを外して置くことも電力の節約に有効です。